タトゥーが入っているとMRIを受けられないって本当!?

お客様によく「タトゥーが入っているとMRIを受けれないのでしょうか?」とご質問頂きます。
実際のところはどうなのでしょうか?
私の経験談を踏まえて、お話ししたいと思います。

MRIってどんな検査なの?

MRI検査は体がすっぽり隠れる位に大きなトンネル状の装置に、横になったまま入って検査します。
強力な磁石で磁場を発生させ、体に電波を照射し体内部の断面を縦、横、斜めさまざまな角度から撮影します。
脳梗塞や癌など様々な病気の検査目的で使用されます。

タトゥーが入っているとMRIを受けられないの?

タトゥーが入っている皆さんが一番知りたいのは「MRIを受けられるのか?」って事だと思います。
結論は「受けることが出来る」です。
どうして「受けられない」と言う噂があるのかと言うと、昔のタトゥーインクには金属成分が含まれていた為の様です。
インクに含まれている金属成分が、MRI検査の磁石に反応して肌が火傷をしてしまうからです。
当スタジオで使用しているタトゥーインクは、アメリカ製の高品質で安全性が高いもののみです。
そのためMRIに反応する様な成分は含まれていませんので、ご安心下さい。

実際のMRI検査はどうだったの?

私が大阪でMRI検査を受けた際には、タトゥーが入っている旨を伝えると
検査担当医師の方が「たぶん大丈夫だと思いますが、もし肌が熱く感じる様な事があればすぐに教えてください」と仰られました。
「タトゥーはMRI検査に影響しないであろう」と思っていましたが、実際はどうなんだろうと肌の変化に注意を払っていましたが特に何も感じずに終了しました。
撮影された画像に影響が出ることもなかったです。

昔に比べてタトゥーが入っている人の割合も増え、医師の方もタトゥーが入っている患者を検査する機会も増えたかと思います。
その中で「特に影響なし」と判断されているのでしょう。

この記事をSNSでシェア!
カテゴリー: 雑学 | 投稿日: | 最終更新日: 2024年2月17日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です