腰に彫ったタトゥー作品を紹介します。腰のタトゥーはどちらかと言うと女性に人気がある部位の一つです。背骨を中心に左右対称のデザインを彫ったり、片側の腰のくびれに沿ったデザインを彫ったりされます。小さなサイズよりも少し大き目のサイズを選ばれる事が多い部位です。他の部位よりも体重の増減によって不恰好になりにくいのが人気の理由だとも言われています。欧米では1990年代後半から2000年代前半にかけて腰にタトゥーを彫る女性が多かったそうです。腰のタトゥーは「tramp stamp(トランプ・スタンプ)」とも呼ばれています。