BLOG

ブログ

タトゥーにしたいハワイ語の文字 | 言葉の意味も

心も身体も癒してくれるハワイには素敵な言葉が沢山あります。
ハワイ語はどれも素敵で前向きになる意味が多く、タトゥーとして彫る方も多いです。
人気のハワイ語の単語などを紹介したいと思います。

Aloha(アロハ)

ハワイ語「Aloha」の文字のタトゥー
Alohaには「こんにちは」「おはよう」「こんばんは」など挨拶の意味だけではなく「さようなら」「愛」「思いやり」など30個以上の様々な意味があり、ハワイ文化ではとても大切にされている言葉なんだそうです。
ハワイ語の中で一番有名な言葉ではないでしょうか。
ハワイに旅行に行って初めて耳にする言葉は「アロハ!」かもしれませんね。
ハワイには「アロハスピリット」と呼ばれるものがあります。
「アロハスピリット」とは人々の心と精神の調和である。
そしてアロハスピリットは人々を自分自身に立ち返らせる。
人々は良い感情を考え、他者へ良い感情を表さねばならない。
法律の中でも人々はこのハワイスピリッツに基づいて行動する様にと言われているそうです。
常夏の国ハワイの明るいイメージそのままに「アロハ」と声をかけられたら、テンションも上がりますね。

mahalo(マハロ)

日本語にすると「ありがとう」や「感謝」と言った意味になります。
よく耳にする言葉ですね。
この言葉はハワイの方にとって神聖で強力な言葉の一つなのだそうです。
mahaloの語源はいくつかありますが、その一つは、

  • ma=〇〇の中に
  • ha=息
  • alo=〇〇の前に

の3つの言葉だと言われています。
3つを組み合わせると「(神聖な)息の中にいますように」と言った神の祝福を示すのだそうです。

ʻohana(オハナ)

日本語にすると「家族」を意味します。
家族と言ってもハワイアンが「オハナ」と言う言葉を使うときは、「ただ血がつながった親や子供や親族」を指すのではなく、もっと深い絆で結ばれた運命共同体を意味するのだそうです。
昔のハワイでは一族が集まって暮らしていたのだそうです。
複数の親族たちが一つの生活共同体として生活しており、皆が固い絆で結ばれていたそうだそうです。

Mauloa Hoaloha(マウロア・ホアロハ)

ハワイ語「Mauloa Hoaloha」の文字のタトゥー
Mau loaは日本語にすると「ずっと、永遠に」、Hoalohaは「親友」と言った意味の単語になります。
二つを続ける事で「永遠に親友」となりますね。

Imi Ola(イミ・オラ)

Imi Olaは日本語にすると「人生の旅路において、自分が出来る最善の人生を探す」と言った意味になります。
Imiには「探す」や「求める」と言った意味があり、
Olaには「生命」や「健康」と言った意味があるそうです。
常に向上心を持ち、最高の自分でありたいとの願いを込めるのも良いですね。

Ole Ua, Ole Anuenue(オレ・ウア・オレ・アヌエヌエ)

Ole Ua, Ole Anuenueは日本語にすると「雨が降らなければ、虹は出ない」と言った意味になります。
ハワイ語のことわざです。
雨が上がった後に素敵な虹を見る事が出来る様に、
「辛いことも過ぎ去ればその後にきっと良いことがある」
と励まされる言葉です。
日本では「雲外蒼天」という四字熟語があります。
「困難な事も努力して乗り越えれば、その先には素晴らしい世界が広がっている」と言う似たような意味だそうです。
自分へ向けての意味だけでなく、誰かへの激励の言葉としても使えますね。

Ka Pilina(カ・ピリナ)

Ka Pilinaは日本語にすると「つながり」や「絆」と言った意味になります。
物理的に結びついた状態だけでなく、人と人との関係性の様な抽象的な意味合いなど様々な意味を持つ言葉です。
日本では大震災が起きて、「絆」と言う言葉が広く使われるようになりましたね。
「絆」の漢字を彫るお客様もおられますが、ハワイ語でKa Pilinaと彫るのもまた違うアイデアとして良いですね。

Malu Lani(マルラニ)

Malu Laniとは英語にすると「Protected by Heaven」、日本語に直訳すると「天に守られている」と言った意味になります。
ハワイの伝統宗教では多くの神や精霊を崇拝するのだそうです。
空や森や動物など様々な神からパワーを得て、守られていると感じられる、とても素敵な言葉ですね。
ハワイ出身のモデル「Tori Praver(トリ・プレイバー)」さんも内肘の近くに「Malu Lani」の文字のタトゥーを入れています。

Ahonui(アホヌイ)

日本語にすると「忍耐強さ」や「信念を貫く」と言った意味になります。
何か成し遂げたいことがある時に大切なのは、才能よりも忍耐力だとも言われます。
つらい時に投げ出さずに忍耐強く続ければ、結果を残すことが出来る。
そんな思いが詰まった言葉。
ハワイを代表するハイビスカスやプルメリアのお花を一緒に「Ahonui」の文字のタトゥーを彫る方もいらっしゃいますね。

Nana no moe(ナナ・ナー・モエ)

日本語にすると「夢を忘れるな」と言った意味になるそうです。
自分の夢に向かって頑張っていると、挫けそうな時や辛い時はあります。
そんな時に、このハワイ語の言葉は自分を鼓舞する事が出来るのではないでしょうか。
「夢を忘れるな」と日本語にすると厳しめな響きですが、ハワイ語だとふんわり柔らかい印象になりますね。

Mino’aka(ミノッアカ)

日本語にすると「笑顔」と言う意味です。
ハワイの人々は優しい笑顔で接してくれる。
ハワイに行った人は、そう感じている人も多いはず。
美しい海や山など自分の住んでいる土地を愛し、感謝を忘れず生きている事から生まれる笑顔なのかもしれません。
マクドナルドの「スマイル0円」は心地よく食事をして欲しいとの願いからメニューに加わったのだそうです。
笑顔を意味する「Mino’aka」は周りを幸せにするだけでなく、自分もあたたかくなれるポジティブな言葉です。

ハワイでは日本と同じく、タトゥーを入れる理由は様々なのだそうです。
守護の意味や部族を表したり、亡くなった方に捧げたり。
ハワイの有名なカメハメハ大王の奥様はカメハメハ大王の死を悼み、カメハメハ大王の名前と命日をタトゥーとして彫ったのだそうです。

この記事をSNSでシェア!