スペイン語の文字のタトゥー | 言葉の意味や画像も

皆さんはどんなスペイン語を知っていますか?
学校教育で英語は学習しますが、スペイン語に触れる機会はそれほど多くありません。
ですが、中国語、英語、ヒンディー語に続く4番目に多くの方がスペイン語を話しているそうです。
タトゥーでよく彫られている単語や名言などのスペイン語の言葉を紹介したいと思います。

Sigue a tu corazón(シーゲ・ア・トゥ・コラソン)

スペイン語「sigue a tu corazón」の文字のタトゥー
日本語だと「心のままに」、英語だとFollow your heartと言った意味になります。
人生において様々な場面で判断を迫られる事があるでしょう。
どちらに進むべきなのか、どちらを選ぶべきなのか。
迷った時や決めかねている時に立ち止まって、自分の心の声に耳を傾ける。
本当に自分が望むのは何なのか。
自分が貫きたい信念に従うのも大切な事ですね。
タトゥーとしてこの「Sigue a tu corazón」と彫る事で常に意識できると感じる方も多いでしょう。

Siempre en mi corazón(シエンプレ・エン・ミ・コラソン)

日本語だと「いつも私の心の中に」、英語だとAlways in my heartと言った意味になります。
意訳すると「いつもあなたの事を想っています」と言った意味になります。
愛のフレーズですね。

Yo te cielo(ジョ・テ・シエロ)

日本語だと「私はあなたを愛しています」と言った意味になる様です。英語にするとI sky you. となります。
太く濃い眉毛が特徴的なメキシコの女性画家Frida Kahlo(フリーダ・カーロ)がメキシコの詩人カルロス・ペリサーに宛てた手紙に書かれた言葉です。
彼女が考え出した言葉だそうです。

viva la vida(ビバ・ラ・ビダ)

直訳すると「人生を生きろ」、人生万歳と訳される事が多いです。
英語ではLive your lifeと言った意味になります。
イギリスのロックバンドColdplayの曲のタイトルにもなっていて、グラミー賞も獲得しています。
誰しもどこかで聴いた事がある曲だと思います。
Yo te cieloで紹介した画家フリーダ・カーロの遺作は「VIVA LA VIDA」と書かれたスイカの絵でした。
少し前に完成していたスイカの絵に「生命万歳」「人生万歳」と描き加え、その八日後に亡くなりました。
フリーダ・カーロの死は病死とも自殺とも言われています。

La vida es bella(ラ・ビダ・エス・ベジャ)

スペイン語「La vida es bella」の文字のタトゥー
人生は美しい、美しきかな人生と言う意味になります。
英語にすると「Life is Beautiful」
イタリアの大ヒット映画のタイトル「La Vita é Bella」でも馴染み深い言葉です。
監督兼主役のロベルト・ベニーニがロシアの革命家レフ・トロツキーが遺した言葉からタイトルをつけたのだそうです。
「どんな状況下でも人生は生きるに値するほど美しい」と言う言葉。
自分の生きるているこの世界、この今はかけがえのない物である。
そんな風に思いながら生きる毎日は、また違ったものが見えてくるかもしれません。

Ama la vida que vives. Vive la vida que amas.

スペイン語「Ama la vida que vives」の文字のタトゥー
英語の文字のタトゥーでとても人気のあるボブ・マーリーの言葉「Love the life you live. Live the life you love.」のスペイン語バージョンです。
日本語にすると「自分の生きる人生を愛せ、自分が愛する人生を生きろ。」と言った意味になります。
ボブ・マーリーは沢山の名言を遺していますが、その中でもこの言葉は多くの人の心を打つ言葉なのではないでしょうか。

Alma libre(アルマ・リブレ)

日本語にすると「自由な魂」や「自由な心」、英語だと「Free soul(フリーソウル)」と言う意味になります。
意訳すると「心を解放しよう」と言った感じでしょうか。
見えない何かに縛られて生きにくさを感じている、そんな自分に「Alma libre」の言葉をタトゥーとして彫ることで、一歩踏み出すことが出来るのかも知れません。

Te quiero(テ・キエロ)

スペイン語「Te quiero」の文字のタトゥー
日本語にすると「あなたを愛しています」と言った意味で、恋人や家族での愛情表現でよく使われる言葉です。
英語にすると「I love you」や「I want you」の意味もあるそうです。

Amor(アモール)

愛、Love。一言の単語ですが、スペイン語のタトゥーで彫られる事が多い文字ですね。
家族、恋人、友人など愛する人に向けて、または自分自身を愛す意味を込めて彫る方もおられるでしょう。
無限大(インフィニティ)マークやキスマークと合わせてデザインする事も多いです。

resiliencia(レシリエンシア)

スペイン語の単語でスペイン語圏で彫られているのをよく見ますが、日本語にはあまりない表現かも知れません。
心のしなやかさや打たれ強さを表します。
何か問題が起きた時に、すぐに状況に合わせて立ち回れる力を意味します。
日本語の今年の漢字の様なスペイン語の2020年の単語の一つにも選ばれていました。

Familia(ファミリア)

スペイン語「mi amada familia」の文字のタトゥー
家族と言う意味の単語です。
スペイン語圏の方々は家族愛が強いことでも有名ですね
都市圏以外の子供たちは大人になっても恋人と同棲や結婚するまで家を出ないのだそうです。
結婚しても週に何度かは会うほど、家族と過ごす時間が長いのだそうです。

Serendípia(セレンディピア)

失敗をしても挫けずに何かを学び取ろうとすれば、いつかは成功に結び付くと言った意味で用いられることが多いです。
何かを探しているときに探し物とは全く関係ないけれど、別の価値のあるものを発見すると言った事もセレンディピティです。
英語にするとSerendipityでこちらも人気のタトゥーの文字です。

Que será, será(ケセラセラ)

ケセラセラは日本語にすると「なるようになる」と言った意味になります。
言葉として聞いた事があってもどんな意味か知らない方も多いフレーズです。
1995年にリリースされた「Que será, será」と言うタイトルの曲をアルフレッド・ヒッチコック監督が映画に起用し大ヒットとなりました。
ただこの言葉は現在ではスペイン語の俗語とされていますが、元は英語話者が造句した文法的には正しくない言葉だとされています。

Un día a la vez(ウン・ディーア・ア・ラ・ベス)

英語にすると「One day at a time」となり、日本語にすると「一日一日」や「一日一歩」と言った意味になります。
将来起こる事を心配したり、早く結果を出そうと焦ったりせずに、まずは目に前にある物事に忍耐強く一つ一つ着実に取り組む事が大切だと伝える言葉です。

ちなみにTATTOOはスペイン語ではtatuaje(タトゥアヘ)となります。
文字のタトゥーには彫った人の思いによっては意味も全く異なる事もあります。
ここではよく知られるものだけしか紹介できていませんので、他の意味も含めて自分に合った言葉を選んで頂ければと思います。

⇒英語の文字の意味はこちらのページで紹介しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です