悪なるタトゥーデザインが人気なのは何故?

一見すると怖く不吉なイメージのモチーフを入れる方もおられます。
それらのモチーフは不吉だと言われる一方で、意味を逆手に取ることも出来ます。
そんなモチーフの一部を紹介したいと思います。

悪魔/デビル

デビルは額に二本の角がある赤い顔をしたイメージでデザインされることが多いです。
悪魔のタトゥーを自分の体に彫ることによって、反対に悪魔を払いのけると言った意味が込められたり
現在生きている世界への反抗とも考えられます。
天使と悪魔が対でデザインされる場合も多く、人間の持つ善と悪の二極性を表現したりできます。

赤ちゃんデビル

おむつをはいて手には干し草用の熊手を持った赤ちゃん姿のデビルは、タトゥーデザインとしてもとても有名です。
ホット・スタッフ・ザ・リトル・デビルと言って、1960年代のアメリカで流行したコミックのキャラクターです。
デビルですが、その愛らしい姿が今も変わらず人気の理由なのでしょうか。

数字の666

キリスト教で666は獣の数字、悪魔の数字と言って、「悪魔」や「死」と直接関連する数字とされます。
不吉と言われるこの数字ですが、タトゥーとして666の数字を彫る方は良い意味で彫られています。
詳しくは
https://www.luckyroundtattoo.com/tattoo-design/number.html
で詳しく紹介していますので、チェックしてみてください。

黒猫

黒猫が悪であると言う言い伝えは様々な文化や宗教で伝わっています。
古い学術論文にも悪魔崇拝者は半身黒猫で半身人間の存在を崇拝していたと言った記述などが見られるそうです。
黒猫が前を通ると不幸がおこると言う言い伝えは日本でも有名ですね。

この記事をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です